Kawasaki Versys 1000 SE

バーシス 1000 SE および Versys 1000 S

関連する電子サスペンションと3番目のモデルバージョンは、VERSYS 1000 NOCHをこれまで以上に汎用性にします

「わさき」のVersys 1000は、さまざまな運転状況で最大の運転を提供するように設計されています。ソロでもカップルとしても、角を曲がったところであろうと世界中であろうと、回転、柔軟性にマッチしたインライン4気筒、そしてこのロードスポーツバイクのダイナミックサスペンションを備えたアジャイルなシャーシの組み合わせは、すべてのライダーを運転する喜びと喜びを保証します。リラックスした直立したドライビングポジションは、非常に快適な座席と優れた風の保護によって丸められるマシンの良い習得を提供するので、長い旅のために最高の快適さを提供します。

撮影: カワサキ

2021年型では、Versys 1000 SEに改訂KECS(カワサキ電子制御サスペンション)を搭載しています。カワサキでの昭和のスカイフック技術の最初の使用のおかげで、新しいサスペンションは、より快適な運転体験とドライバーと乗客のためのより多くの運転の喜びを提供しています。2021年モデルのドイツの標準モデルに代わる新しいVersys 1000 Sは、KECSを除くVersys 1000 SEの優れた機能をすべて備えています。Versys 1000は、この2つのモデルバリエーションを冒険が求めるたびに、さまざまなドライバのさまざまなニーズをよりよく満たすことができます。

カワサキでのスカイフック技術の初活用

 昭和(SE)のスカイフック技術を搭載したKECS

Versys 1000 SEの半アクティブKECSシステム用の更新されたソフトウェアには、さらに安定した処理のためのSkyhookエレクトロニックライドアジャスト(EERA)技術が含まれています(サスペンションのコンポーネントと応答性は標準のKECSと変わりません)。Skyhookの概念は、オートバイのバネ搭載質量を運び、車輪が地面波に最適に反応し、干渉を最小限に抑えるためにオートバイの直立位置を維持するようにサスペンションの減衰力を調整するフックとして想像することができます。

*Kawasakiのエンジニアは、Versys 1000のスポーティな走行特性を維持するために慎重に昭和スカイフックソフトウェアを調整し、路面への連続リアルタイム適応を通じて、より快適な運転特性を提供します。道路の位置が優れており、傾斜挙動(特に2人分の運転時)が改善され、高速道路ではステアリングは簡単なままで、自転車は雨の乗り物中に落ち着いています。

* 標準のKECSは、すでに複数のソース(持ち上げ速度と位置に関するリアルタイムデータ(内蔵のリフティングセンサーからの)、車両の加速と減速(IMUからの)、前輪/後輪速度(FI-ECUからの)、前輪ブレーキ圧(ABS-ECUから)からのデータをすでに使用していますが、スカイフック付きのKECSは垂直加速度を考慮して減衰力を決定します。

※ベース減衰レベルは、選択した駆動モードに応じて通常通り決定され、後輪のスプリングプリロードは調整可能です。

カラー(N)

 バーシス 1000 SE:

*エメラルドブレイズグリーン(グリーン)/メタリックディアブロブラック(ブラック)/
メタリックフラットスパークブラック (ブラック)

*エメラルドストームグレー(グレー)/メタリックディアブロブラック(ブラック)/
メタリックフラットスパークブラック (ブラック)

 バーシス1000 S:

*エメラルドブレイズグリーン(グリーン)/メタリックディアブロブラック(ブラック)/
メタリックフラットスパークブラック (ブラック)

*エメラルドストームグレー(グレー)/メタリックディアブロブラック(ブラック)/
メタリックフラットスパークブラック (ブラック)

モデルバリアント

ドライバーは、現在までに提供されている標準モデルと比較して、他の近代的な機能と電子支援システムを持つ新しいVersys 1000 Sと、KECSとスカイフック技術を備えた改訂されたVersys 1000 SEの間で選択することができます。(「接続」とは、内蔵の駆動モードで接続された機能を指します。「A」とは、アクセサリーとして利用可能な部品を意味します。

一部

Versys
1000 MJ2020

Versys
1000 S

Versys
1000 SE

電子スロットル制御

電子速度制御

KCMF (IMU 対応電子パッケージ)

KTRC

接続済み

接続済み

電源モード

接続済み

接続済み

アシストおよびスリップクラッチ

KQS (電源インスインとシャットダウン)

A

キブス

ケック

-

-

接続
(スカイフック)

統合された運転モード
(KTRC、パワー、ケックを接続)

-

LEDカーブライト

-

TFTカラーインストゥルメント
スマートフォンの接続性

-

大型フロントガラス

A

暖房ハンドル

A

*

*

ガード

A

非常に耐久性のある(マット)塗装

-

(MJ 2021の新機能)
*市場に応じて標準機器または付属品として加熱ハンドル

技術データ

寸法と重み

 

 

長さ

全高(フロントガラスの最高/最低位置)

ホイール ベース

地上クリアランス

座席

 

重量

 

バーシス 1000 SE

バーシス 1000 S

 

タンク内容

 

 

2,270 mm

950 mm

 

1,530 mm/1,490 mm

1,520 mm

150 mm

840 mm

 

 

 

257キロ

255キロ

 

21リットル

 

パフォーマンス

 

 

最大パフォーマンス

 

 

最大トルク

 

 

 

9,000 rpm で 88.2 kW (120 hp)

 

 

102.0 Nm (10.4 mkp) 7,500 rpm

 

エンジン

 

 

バルブシステム

ボア×ストローク

変位

圧縮率

燃料供給

Qz

スターター

点火

 

 

液体冷却4ストロークインライン4気筒

DOHC、16バルブ

77.0 x 56.0 mm

1,043 cm3

10,3:1

燃料噴射:38 mm x 4

圧力循環潤滑、湿潤

電気

デジタル

 


ドライブ

 

 

ドライブ

トランス ミッション

ギヤ比:第1ギア

2番目のギア

3番目のギア

4番目のギア

5番目のギア

6番目のギア

一次翻訳

最終翻訳

クラッチ

 

チェーン

6速ギアボックス

2,692 (35/13)

1,950 (39/20)

1,529 (26/17)

1,304 (30/23)

1,136 (25/22)

0,958 (23/24)

1,627 (83/51)

2,867 (43/15)

オイルバス内のマルチディスクカップリング

 

シャーシ

 

 

フレーム

 

サスペンション:フロント

バーシス 1000 SE

 

 

バーシス 1000 S

 

 

後部

バーシス 1000 SE

 

 

 

バーシス 1000 S

 

 

春の旅:フロント

後部

 

フォローアップ角度

キャスター

ステアリング角度(左/右)

 

タイヤ: フロント

後部

 

アルミニウムダブルプロファイルフレーム

 

KECS制御圧力とプルステージ減衰、手動調整可能なスプリングプリロードとトップアウトスプリングを備えた43 mmの逆さまフォーク


43 mm の逆さまの望遠鏡フォーク(右)とスプリングプリロードを調整可能なプルステージダンピング

 

水平に配置されたバックリンクガス圧力中央スプリングレッグ、ピギーバック貯留層、KECS制御圧力および引張りダンピングおよび電子ばねの前負荷が付いているBFRCライトのガス圧力ダンパー


調整可能なプルステージ減衰と独立したスプリングプリロード調整機能付き水平バックリンクガス圧力サスペンション

 

150 mm

152 mm

 

27.0°

106 mm

34°/34°

 

120/70ZR17M/C (58 W)

180/55ZR17M/C (73 W)

 

ブレーキ

 

 

フロント

 

キャリパー

 

後部

 

キャリパー

 

 

セミフローティングマウント310ミリメートル花びらのダブルブレーキディスク

 

ラジアルマウント4ピストンモノブロックキャリパー

 

250 mm 花びらのシングルブレーキディスク

 

シングルピストンフローティングサドル

 

カワサキテクノロジー

 

1: Versys 1000 SE のみ

開く
閉じる
撮影:カワサキ

コンプレッサー裸のバイク

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
撮影:カワサキ

カワサキ Z 900

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
撮影:カワサキ

カワサキスターターボーナス

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有

アプリのヒント:カリモトとオートバイのナビゲーション

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有