Yamaha Tracer 9 GT

ヤマハトレーサー9 GTのテスト (Baujahr 2021)

スポーツとツーリングのためのクラスクロスオーバーバイク

Yamaha Tracer 9 GT写真: motorradtest.de

ヤマハトレーサー9 GTはトレーサー900 GTの後継機です。 他の多くの2021年のフェイスリフトとは異なり、ユーロ5のホモロゲーションが行われただけでなく、ほぼ全く新しいバイクが設置されました。トレーサ 9 GT が受け取った更新プログラムと、このテストでのトレーサーの駆動方法を確認できます。

これが彼女の立ち方です

トレーサー9 GTの革新のリストは本当に長いです:エンジンは余分な力の4馬力を持っており、5 Nmより多くのトルクはもちろんEuro-5にトリミングされています。変位は889 ccに42 cc増加した。ステアリングヘッドがわずかに後ろ向きに移動する新しいフレームがありますが、スイングアームは14 mm延長されています - より安定したハンドリングとより良い直線走行をもたらすはずです。
 
 
本当に素晴らしい:ハンドルバー、フットペベッド、フロントガラス、ベンチは調整可能です。だから、トレーサー9 GTは、ほとんどすべての人々に適応することができます。座席は、特にピリオンのために、乗客との長いツアーのために良い、少し広く作られています。もちろん、特にこの技術は、2部構成のTFTディスプレイ、ABSをコーナリングするリーンアングルコントロール付きの6倍のIMU、トラクションコントロールとウイリーとスライドコントロール、GTバリアントにも半アクティブなシャーシが搭載されています。クルーズコントロールは、機能の高いQuickShifter(現在は上下)と加熱されたグリップと同じくらいGTの標準になりました。つまり、トレーサー 9 GT には何も欠けていないのです。

CockpitLenkerLampen vorne

できること

ツーピースTFTディスプレイは最初は印象的に見えますが、私たちはまだ本当に興奮したくありません。例えば、KTM&BMWのディスプレイとは対照的に、ディスプレイは非常に小さいです。しかし、それは高いレベルで不平を言っている、9 GTのコックピットはすでに前任者に比べて大きな前進です。

しかし、右側の押しホイールスイッチを使用した操作は少しそわそわしています。印刷機能は難しいですが、回転が滑らかすぎます。これは、しばしば不要な関数を呼び出すという事実につながります。左側の2つのスイッチが、4つのドライビングモードとトラクションコントロールを簡単かつ当然調整できます。

照明は完全にLEDで、前面のランプマスクはMT-09のようにサイクロプスのようなものではありません。GTは、頻繁なドライバーのための称賛に値する機能、ボード上の標準としてコーナリングライトを持っています。

Frontansicht Yamaha Tracer 9 GT写真: motorradtest.de

こうやって彼女は自分を追い込む

予想通り、シートテストは陽性です。ドライバーと助手席は十分なスペースがあり、座席の高さは810 mmまたは825 mmに設定されています。古いトレーサー900 GTは850のmmでここでかなり高かった。マシンではなく、新しいトレーサー9 GTに座ります。直立した座席位置と広いハンドルバーはすぐにライダーに冒険バイクの感覚と完全な制御を与えます。完全に燃料を供給するとき220のkgの適度な重量はGTを最初の数メートルで非常に操縦可能に見せる。「大きな」旅行エンデューロと比較して、すべてが少し小さく見えるので、より便利です。

そして、この音!ヒスとヒスを加速するときのトリプルとして、素晴らしいです。繰り返しますが、通常のアドベンチャーバイクへの明確な境界線は、しばしば2-円筒に沿って来て、一定の落ち着きを放射します。一方、ヤマハはスポーティなドライビングスタイルですが、エンジンはチルグライダーも可能です。ハイギアの低回転から加速:問題ありません、彼はそうします。2番目の5,000で再びオルジェントリッヒが追加:また、歓迎します。トリプルは決して緊張したり圧倒されたりすることはありませんが、119馬力は常に完全にそこにあります。負荷の変更なし、ほとんど一定のジャーク、超細かいスロットル応答、すべてが素晴らしいです。必要に応じて、4つのドライビングモードは、雨や滑りやすい表面でのe.Bの直接的なスロットル応答も少なくなります。
 
Cockpit Details

結論 - 何が固執するか

トレーサー9 GTは、すでに良いトレーサー900 GTの本当に良い開発です。それは1,500ユーロより高価になりましたが、技術的にも増加しています。十分に機能する半アクティブシャーシだけで追加料金が適しています。
 
また、正当化は、標準トレーサー9と比較してGTの追加料金です。GTより1,500ユーロ安いのですが、スーツケース、QuickShifter、半アクティブサスペンション、コーナリングライトなど、多くのおいしいことなしでも行う必要があります。これらの機能を一緒に追加する場合は、なぜ価格差が大きくないのか疑問に思う必要があります。明らかに、GTはより良い取引です!
 
テストバイクはハセルドルフの Motorrad-Ruser によって私たちに提供されました - どうもありがとうございました。

価格/可用性/色/建設年数

  • 価格: 13.999 €
  • 使用済み(3歳):10.000€
  • 建設年数:2021年から
  • 色: 赤、 濃い緑、 シルバーブルー
開く
閉じる
waveform

Zubehör für die
Tracer 9 GT

NEW

プロ・コントラ

  • パワーの多いスピンハッピートリプル
  • 良いツーリングとピリオンの快適さ
  • 完全な技術機器
  • ケースおよびセミアクティブサスペンションシリーズ
  • クラッチレバーは調整不可
  • ターン信号が自動的にリセットされない

トレーサー9 GTの新規登録

Wettbewerber einblenden
チャートを読み込んでいます。

トレーサー9 GTの新規登録

Wettbewerber ausblenden
チャートを読み込んでいます。
Von unserem Team geprüft:

全般

クロス オーバー
Eia
€14,449

寸法

長さ
2,175 mm
高さ
1,430 mm
重量
220キロ
座席
825 mm
ホイール ベース
1,500 mm

走行性能・航続距離

タンク内容
18 l
消費
5 l
範囲
360 km
最高速度
時速210キロ

モーターおよびパワートランスミッション

エンジン設計
3気筒シリーズ、4ストローク
シリンダー数
3
冷却
液体
変位
890 cc
78 mm
ハブ
62.1 mm
パフォーマンス
119 HP
トルク
93 NM
歯車の数
6
ドライブ
チェーン

サスペンションとブレーキ

フレーム
ブリッジチューブフレーム
サスペンションフロント
逆さまのテレフォーク
旅行:
130 mm
ストラットリア
セントラルスプリングレッグ
旅行:
137 mm
サスペンションリア
2アームのスイングアーム
前部ブレーキ
油圧ダブルディスクブレーキ
298 mm
フロントのタイヤ
120/70Z R17
ブレーキリア
シングルディスク
245
リアタイヤ
180/55Z R17
Abs
米国船級協会