Yamaha MT-07

テスト:ヤマハMT-07 (2021) (Baujahr 2021)

ハイパーネイキッドクラスのベストセラー

imageヤマハのデザインチームが約10年前に、すべての前任者から目立つダイナミックで斬新なオートバイを開発するよう依頼されたとき、誰もそれが何を達成するのか分かりませんでした。しかし、今日では、ヤマハのMT-07が発売以来125,000台以上販売されたハイパーネイキッドクラスでナンバーワンのポジションを保持していることは明らかです。視覚的にリフレッシュされ、ベストセラーは今2021シーズンを開始します。

紹介

MT-07が新しいシーズンの開始に対して受け取った変更は管理可能です。なぜこのような成功した概念を根本的に変えるのですか?しかし、私たちはオートバイがすでにあったよりも少し良くすると思ういくつかの更新があります。例えば、前面のブレーキディスクは298mmの大きさに拡大した。黒の背景に白い数字で表示が読みやすくなっており、照明はLED技術で完全に設計されています。また、以前ディスプレイに統合されていたオンボードコンピュータの操作用のボタンが消えてしまいました。これはハンドルバーの左側のスイッチを介して動作します。ちなみに、ハンドルバーは両側に1.5cm広がりました。
 
最初のタイヤも新しいです:ミシュランパイロットロード5は本当の改善を表しています。ユーロ5への切り替えにより、人気のCP-2ユニットは1.4馬力の電力損失を受け入れる必要がありますが、MT-07は結果として顕著な回転またはパワーを失っていません。2キロのわずかな体重増加は、これを変更しません。マシンはまだ軽く、非常に使いやすい自転車です。それ以外の場合は、主に光学イノベーションが目立っています。
 
新しいフロントマスクに慣れる必要がある人もいるかもしれませんが、全体的にビジュアルリフレッシャーが好きです。黒いコントロール、黒いフレームモーターの単位および最大限に活用された仕上げはMT-07をより現代的に見せる。私たちはまだ3つの新しい色(ストームフルオ、テックブラック、ヤマハブルー)について議論しています。ディートマーは真っ赤なリムでマウスグレーで自分自身を撃つ間、マルクスはなめらかな青になる傾向があります。しかし、色の面でリスクを取りたくない場合は、おそらく黒いバージョンを取るかもしれませんが、この時点で味の問題で迷子になりたくありません。

imageimageimage

これは彼女ができるはずの仕事です

高トルク690cc CP2エンジンとコンパクトでアジャイルなシャシーで、ベストセラーのヤマハモデルの1つで、大きな人気を誇っています。とりわけ、機械は顕著な多様性のために輝くべきである。そして実際には、どんな状況でもかなりの運転の喜びを否定することはありません。MT-07はどんな状況でも手に入るのも楽しい。機械が転倒した場合でも(以前に起こっていない人)、車両を希望の位置に戻すために超大国やクレーンは必要ありません。

マシンに着席すると、私たちはまた、非常に迅速に自宅で感じます。しかし、ヤマハはMT-07の新版で大きなライダーのための改善された人間工学を約束しますが、1.84mディートマールは膝の角度の改善を望んでいます。アクセサリーには392€ リセットフットレストがあるため、問題ありません。マルクスは、マシンがどのように純粋であるか素晴らしくさわやかに見つけます。誰も本当にここで任意のサブメニューで迷子にならないし、あなたは必需品に完全に集中することができます:FIRST!そして、それはまさに私たちが今やりたいことです.

image

こうして彼女は自分を運転する

私たちは最終的に新しいMT-07を運転できることを非常に楽しみにしていましたが、私たちは運転を始める前に正直本当に陶酔しませんでした。なぜでしょうか。まあ、MT-07は最速でも、最も強力で、高価な、または他の方法で珍しいテストマシンではないからです。しかし、あなたはそれらを過小評価すべきではありません, オートバイのこの種.

なぜなら、このような軽くて管理しやすい運転をする楽しみはほとんどありませんが、それにもかかわらず強力なオートバイに関連しています。エキサイティングなドライビング体験を作るのはパフォーマンスだけではないからです。むしろ、それは機械の重量、パワー、敏捷性の相互作用です。そして、この文脈では、ヤマハは絶対にポイントを獲得することができます。彼女は何らかの方法で彼女のドライバーに負担をかけることなく、高速加速します。逆に、MTはさわやかに軽くて機敏に感じます。これは確かに都市交通でも良い進歩を遂げます。
 
しかし、あなたの本当の強さは、おそらく高速道路上にあります。そこで彼女はすぐに彼女の運転手を進め、彼に活発な運転感を与えます。自然に存在する非消動性のABS(結局のところ、議員はこれを規定する)とは別に、機械には電子補助システムがありません。ライドバイワイヤー、ドライビングモード、トラクションコントロールまたはカーブABSはここで無駄です。しかし、これはわずかな運転の喜びを減らさないと同時に機械が手頃な価格のままであることを保証する。
 

結論 - 何が動き詰まるか

立ち往生はすぐに言われます:ヤマハはMT-07で本当に汎用性の高いオートバイを達成しました。それは、運転の喜びと、その非常に純粋な概念の多くが特徴付けられており、態度や設備の特徴を欠いていないすべての人が楽しむことができます。APP経由で朝食テーブルで出口の前に自転車を構成することを楽しむ場合は、きっと別の車両を選ぶでしょう。
 
MT-07は初心者や初心者にも適しており、新しいドライバー用にA2互換の48馬力にスロットルすることができます。したがって、あなたはより強いバイクに直接投資することなく、A2フェーズの後にまだ楽しむことができるオートバイを持っています。そして、ヤマハは €500ヤングスター運転免許証助成金 で別の高さを上に置いています:2021年6月30日までに新しいMT-07を決定し、クラスA2またはAで運転免許証を取得したことを証明する人は500€の助成金を受け取ります!これはすでに合理的な価格をもう少し魅力的にします。

テストマシンは 、モーターラッド・ラザーによって私たちに提供されました.

価格/可用性/色/建設年数

  • 価格: 7,374€
  • 築年数:2021年
  • 可用性:2021年から
  • 色:

    ストームフルオ /アイコンブルー/テックブラック

開く
閉じる
waveform

プロ・コントラ

  • 価格/パフォーマンス
  • 敏捷 性
  • 軽量で簡単な取り扱い
  • 楽しい
  • 汎用 性
  • 壮大な純粋主義 / 必要のないもの
  • サスペンションは調整不可
  • 狭い装置
  • 防風林
Von unserem Team geprüft:

全般

Eia
7.374 €

寸法

長さ
2.085 mm
高さ
1.105 mm
重量
184 kg
Ab。重量
360 kg
座席
805 mm
ホイール ベース
1.400 mm

走行性能・航続距離

0から100まで
3,9 s
60~100
4,2 s
タンク内容
14 l
消費
4,2 l
範囲
320 km
最高速度
207 km/h

モーターおよびパワートランスミッション

エンジン設計
シリンダー数
2
冷却
液体
変位
689 ccm
80 mm
ハブ
68,6 mm
パフォーマンス
73 PS
8.750 U/Min
トルク
67 NM
6.500 U/Min
歯車の数
6
ドライブ
チェーン

サスペンションとブレーキ

フレーム
ブリッジチューブフレーム
サスペンションフロント
テレフォーク
旅行:
130 mm
ストラットリア
調節可能な中央のばねの足
旅行:
130 mm
サスペンションリア
鋼鉄から成っている2腕のスイングアーム
前部ブレーキ
ダブルディスク
298 mm
フロントのタイヤ
120/70 ZR 17
ブレーキリア
ディスク
245
リアタイヤ
180/55 ZR 17
Abs
標準