Kawasaki Versys 1000 S

カワサキ・ヴェルシス 1000 S (2021) |テスト(ドイツ語) (Baujahr 2021)

「すべての通り - いつでも」

image写真: BikeReview.info

 
2019年には、すでにカワサキVersys 1000 SEをテストすることができましたが、2年後には2021年モデルのカワサキVersys 1000 Sを詳しく見る喜びがあります。2台のオートバイはほぼ同じですが、SはSEと比較して電子サスペンションなしで行います。それ以外の場合は、カワサキVersys 1000 SはSEバリアントと同じくらい豪華なクロスオーバートラベルバイクです。このタイプのオートバイにとってかなり珍しいのは、滑らかなインライン4気筒エンジンで、テストの開始時に最初の議論を引き起こしました。

あなたは幸せになるために何気筒が必要ですか?

ディートマーと私は当初、2つのシリンダーが旅行バイクに適しているという意見を持っていました。しかし、すでに私たちのテストドライブの最初のメートルの後、私たちはこれを完全に公平な見解ではなく修正しました。●座り位置とアドベンチャーバイクの外観は、ライン4気筒でしなやかな4気筒と組み合わされ、その場から私たちを納得させたからです!それ以外の場合は、マシンは非常に設備が整っています。ディーラーのテーブルの上に基本バージョンで呼び出された€14,595を置くと、あなたのお金のために何を得るのですか?

imageimageimage

それはできるはずです

Versys Sはほとんど何でもできるはずです、または、カワサキの言葉でそれを言うために:「どんな道でも - いつでも」!そして、あなたのお金のために、あなたが周りを見回す場合、この価格で同じように豪華に装備されたオートバイを見つけることは容易ではないので、多くを得る:電子サスペンションの不在は、SEと比較して約2000€を節約します。14,595 €ex作品の基本バージョンに加えて、15,495€のツラーと16,595 €のグランドツアラーもあります。
 
私たちのテストのために、我々はすでにシリーズの内側のポケットとタンクパッドを含むサイドケース(56リットル)を含むツアラーを持っています。さらにスペースが必要な場合は、バックレスト(47リットル)、LEDフォグライト、クラッシュパッドが設置されたトップケースを備えたグランドツアラーを使用してください。追加料金は目立っていますが、アクセサリーを個別に予約するよりも安いです。また、もちろん、他のメーカーからの荷物ソリューションに頼ることもできますが、それは少し安いはずです。

そうやって彼女は自分を追い込む

カワサキVersys 1000 Sは、その堅実な技量で納得するだけでなく、ABSのコーナリング、傾斜依存のトラクションコントロール、3つのドライビングモード(プラス追加の個別調整モード)、両方向の超機能クイックシフター、LEDコーナリングライト、ロータリー機器を含むTFTスクリーンなど、機器の面でも非常に先取りです。

標準的な巡航制御、ハンドルの暖房および大きい、手動調節可能なフロントガラスも非常によく働く。特に印象的ですが、やや珍しいですが、9000 rpmで120馬力のピークパワーを持つ絹のような柔らかい1,043 cc 4気筒を見つけます。カワサキVersys 1000 Sは、このように自信を持って上流階級の切望されたセグメントに自分自身を配置します - 実際に売上高が良くないことを驚くべきことです。

たぶん、その「唯一の」120馬力で、それは165馬を持つBMW S 1000 XRのような他の馬と比較して少し遅れているからです。しかし、心の上に手:120馬力は、ほとんどの人のために十分以上ですよね?雨モードで気づかずに試乗を完了しましたが、まだこのマシンの力に感銘を受けました。しかし、それは間違いなく本格的な、非常に設備の整ったツーリングバイクであり、(ドライバーと乗客の両方にとって)長距離をカバーすることは非常に快適です。

結論 - 何が固執するか

運転の喜び、ツアーの適合性、リーズナブルな価格パフォーマンス比と何か他のもの?正直に言うと、私たちに対する批判のポイントはほとんどありません。自転車は本当に非常に快適で滑らかな乗り物.しなやかな行のクワッドと組み合わせて直立冒険の座っている姿勢は、長いツアーで多くの利点をもたらす素晴らしい組み合わせです。

光学はいつものように議論することができますが、それはまた、ここでの好みの問題です。ちなみに、マシンはパールストームグレー/メタリックディアブロブラック/メタリックフラットスパークブラック&エメラルドブレイズグリーン/メタリックディアブロブラック/メタリックフラットスパークまたは短いグレー/ブラック&グリーン/ブラックで2色の組み合わせで利用可能です。私たちは成功と魅力の両方を見つけます。

17インチの代わりに19インチの前輪だけがディートマールであり、私はおそらくまだ懸念です。しかし、それなのに、前の17インチが優れたステアリング動作を保証するので、そこでも、霊は分かれています。いずれにしても、川崎Versys 1000 Sは非常に成功した旅行機であり、川はあまりにも多くを約束しません!「すべての通り - いつでも」私たちは明確な良心で署名することができます。

テストマシンは ヘラー&ソルタウによって私たちに提供されました。

価格/可用性/色/建設年数

  • 価格:14.595€から
  • 建設年:2021年から
  • 可用性:2021年から
  • 色:

    パールストームグレー/メタリックディアブロブラック/メタリックフラットスパークブラック&

    エメラルド ブレイズド グリーン /メタリック ディアブロ ブラック/メタリック フラット スパーク

開く
閉じる
waveform
Von unserem Team geprüft:

全般

冒険
Eia
€14,595

寸法

長さ
2,270 mm
高さ
1,490 mm
重量
257キロ
Ab。重量
459キロ
座席
840 mm
ホイール ベース
1,520 mm

走行性能・航続距離

0から100まで
3.5 s
60~100
3.7 s
タンク内容
21 l
消費
5.2 l
範囲
404 km
最高速度
時速226km

モーターおよびパワートランスミッション

エンジン設計
4ストロークインライン4気筒
シリンダー数
4
冷却
液体
変位
1,043 cc
77 mm
ハブ
56 mm
パフォーマンス
120 HP
トルク
102 NM
歯車の数
6
ドライブ
O'

サスペンションとブレーキ

フレーム
ダブルプロファイルフレーム
サスペンションフロント
43mmの間の
旅行:
150 mm
ストラットリア
水平に配置されたバックリンクガス圧力中央スプリングレッグ
旅行:
152 mm
サスペンションリア
2アームのスイングアーム
前部ブレーキ
ダブル花びらのブレーキディスク。ブレーキキャリパー:ダブルラジアルマウント、モノブロック、反対4ピストン
310 mm
フロントのタイヤ
120/70ZR17M/C(58W)
ブレーキリア
単一の花びらのブレーキディスク。ブレーキキャリパー:シングルピストン
250
リアタイヤ
180/55ZR17M/C (73W)