最高品質のオートバイのバッテリー

- バナーバイクブルブランドワールド

image写真: バナー

COVID-19はまた、オートバイの優先順位をシフトしています。無限の自由、特にアウトドアレジャー活動に対する欲求が今よりも激しいことはめったにありません。バナーからバイクブル電池はバイクの欲求を目覚めさせ、完璧なスタートを保証します。特にプレミアム製品バナーバイクブルAGM PROfessionalとバナーバイクブルゲルで、スターターバッテリースペシャリストは、その最高級で2輪パワーを提供しています。
堅牢性、信頼性、パワー - Bannerからバイクブルブランドの世界が常に立っていた特性。スターターバッテリーのプレミアムスペシャリストの品質の約束は、約60バイサイクルバッテリータイプを含む製品範囲全体を通して赤い糸のように動作します。二輪車の範囲からの2つの製品、バイクブルAGM(AGM = 吸収性ガラスマット)PROfessional(PRO)とバイクブルゲルで、オーストリアの家族経営の会社は市場の前に明確な一歩です。「当社の革新的なバイクブルAGM PROは、オリジナルの部品品質のトップ製品です。このプレミアムAGM + SLAバッテリーは、正確にハーレーダビッドソン、BMWとバイクの要件を満たしています ABSと広範なオプションのエキストラ。しかし、それはすべてではありません:その高い寒さの安定性のおかげで、この製品はスノーモービルでの使用に最適です」と、バナーバッター・ドイッチュラントGmbHのマネージングディレクター、ギュンター・ヘルムチェンは一言で言います。傾きおよび漏れ防止AGM電池の特徴は、極度の耐震性であり、巨大なコールドスタート性能と組み合わされています。さらに、二輪車の貿易は周期安定性および100%維持自由のこのすぐに使用できる電池タイプと説得できる。

バナーバタミエンの2番目のプレミアム製品は、エンデューロやツーリングバイクでの使用のために特別に設計されています: パワーハウスバイクブルゲル.不織布セパレータと固定電解質を備えた高度に開発された高品質のバッテリーは、起動電力を増加させるだけでなく、高い振動とサイクル抵抗も動作可能であり、100%メンテナンスフリーです。

長い自転車の生活のための右の負荷で

写真: バナー
適切なメンテナンスに加えて、正しい負荷は、自転車の長寿命のためにも重要です。特に数週間の長いサービス寿命は、バッテリーに不快な結果をもたらす可能性があります。例えば、電池内の自己放電は硫酸鉛を生成し、電池がすぐに充電されないときに充電できなくなる塊を形成する。その結果、強豪は、特に休止状態の後に、開始電力と容量を失うか、または減らされたコールド スタートが発生します。これを避けるために、オーストリアのスターターバッテリースペシャリストBannerは、バイクブル電池の広い範囲に加えて、最新の充電器やアクセサリーを提供しています。
https://www.bannerbatterien.com/motorrad-startbereit の詳細
開く
閉じる
写真: ホンダ

ホンダ交付金

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
写真: BMW

オートバイリーダーズチョイス2021

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
写真: ハーレーダビッドソン

あなたに比べるものは何もない

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
写真: KTM

KTM 1290 スーパーアドベンチャー

ブログ

戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有
戻ってきました!アルパインの1週間のパス(少なくとも1日3回)の後、Motorradtest.deのチームは再び自分の机に到着しました。そして、私たちは私たちの共有